TEL:047-470-5155

JR総武線「津田沼」駅 南口より徒歩2分

無料ネット予約

消化器内科

ホームに戻る
047-470-5155

このような方はご相談ください。
ピロリ菌感染。胃がん検診(ABC検診、バリウム検査)でひっかかった。大腸がん検診(便潜血検査)でひっかかった。苦しくない胃カメラを受けたい。つらくない大腸カメラを受けたい。鼻からの胃カメラを受けたい。鎮静剤を使用した内視鏡を受けたい。肝臓の数値が高いと言われた。腹痛。下痢。便秘。胸やけ。げっぷ。胃もたれ。胃酸逆流。嘔気。食欲不振。体重減少。便が赤い、黒い、白い。胃がん検診を受けたい。大腸がん検診を受けたい。肝炎ウイルス検診を受けたい。

よく見させていただく病名

食道

逆流性食道炎、バレット食道(SSBE、LSBE)、カンジダ食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道がん

胃潰瘍、慢性胃炎、急性胃炎、萎縮性胃炎、胃アニサキス症、機能性胃腸症、機能性ディスペプシア、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、悪性リンパ腫、胃がん

十二指腸

十二指腸潰瘍、十二指腸炎、十二指腸ポリープ、悪性リンパ腫、十二指腸がん

肝臓

B型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、脂肪肝、NASH、NAFLD、慢性肝炎、急性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、肝硬変、肝血管腫、肝のう胞、肝臓がん

胆嚢・胆管

胆嚢ポリープ、胆石、胆嚢腺筋腫症、胆嚢炎、胆管炎、胆嚢がん、胆管がん

膵臓

慢性膵炎、急性膵炎、膵嚢胞、IPMN、膵臓がん

小腸

腸閉そく

大腸

虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、痔、大腸ポリープ、大腸がん

逆流性食道炎

胃にピロリ菌が感染して萎縮性胃炎が進行すると、胃酸の分泌が落ちてきます。逆に、ピロリ菌のいないきれいな胃の方では、胃が元気で、胃酸過多の症状がでることがあります。最近ではピロリ菌の感染が減っているため、胃酸過多の患者さんが増えています。胃酸が胃を荒らすと、胃カメラで見ると表層性胃炎と言われる胃炎を認めることがあります。胃は常に胃酸にさらされていますが、胃の上にある食道はそうではありませんので、過剰な胃酸には胃よりも弱いかもしれません。胃酸が食道に逆流してくると、逆流性食道炎をきたす方がいらっしゃいます。逆流性食道炎の診断には大きく2つの方法があります。それは「症状」と「内視鏡での見た目」です。逆流性食道炎の症状は多彩で、「胸やけ」「胃痛」「心窩部痛」「酸逆流症状」「呑酸」「胃もたれ」「げっぷ」「のどの違和感」などがあります。内視鏡では、逆流性食道炎の程度は、ロサンゼルス分類という方法で現され、A、B、C、Dの順に重くなります。Aより軽い逆流性食道炎はM(minimal のM)と表現することもあります。逆流性食道炎はこの「症状」と「見た目」が必ずしも一致しないことでも知られています。「症状」に対しては、胃酸を抑える胃薬がよく効きます。効かない場合は、心臓・肺・咽頭など食道以外の部分が原因でないかよく調べる必要があります。では「見た目」に食道炎があるけれど「症状」のない方については、どのような対応をすべきでしょうか。これについてはまだ医学的に不明な部分もありますが、炎症がバレット食道などの前がん病変を引き起こし、最終的に食道がんに至る可能性を指摘する研究者もいます。内視鏡での評価、定期的な経過観察が今後重要視される可能性もあると考えています。

萎縮性胃炎

胃炎と聞くと、「炎」という漢字の印象か、とても痛くて辛い症状が起こると想像される方も多いと思いますが、実際には、萎縮性胃炎では症状のない方が多いのです。萎縮性胃炎はピロリ菌の感染によって進行します。感染当初、ピロリ菌は胃の中でも特に、ピロリ、の語源であるピロルス(前庭部、胃の出口に近い方)に感染して、陣地を張っています。次第にピロリ菌は領地を広げ、胃の上の方、上の方へと進んでいきます。そのようにしてピロリ菌に荒らされた萎縮性胃炎の範囲が広がっていきます。萎縮性胃炎の範囲は、木村‐竹本分類という分類によって6段階に現されます(軽い方から順にC-I, II, III, O-I, II, III)。ピロリ菌の除菌療法を行うと、ピロリ菌はそれ以上陣地を広げることはなく、萎縮性胃炎の進行は抑えられます。しかも、年月とともに少しずつ胃炎が改善していくとされています。しかし、なかなか完全に胃炎が消えることはないので、その間に胃がんが発見されることがあります(除菌後胃がん)。除菌後胃がんを発症する危険因子はよく調べられており、特に除菌する前の萎縮性胃炎の程度が進んでいるほど、胃がんが起きやすいのです。定期的に内視鏡検査を行うことは、ピロリ菌の発見、萎縮性胃炎の評価、除菌後胃がんの早期発見に有用と考えられます。そのためには苦しくない胃カメラをお受けいただき、また検査をやってもよいと思っていただけることが重要と考えています。

胃ポリープ

ポリープ、という言葉を聞くと、「がんの芽」というイメージを持って心配される方が多いのですが、胃にできる胃底腺ポリープというポリープについては、そのイメージは当てはまりません。胃がんの最大のリスクファクターはピロリ菌の感染ですが、胃底腺ポリープは、ピロリ菌感染のない胃にできることが多いのです。胃底腺ポリープが癌化することは基本的にありませんし、胃底腺ポリープがある方は胃のほかの部分から胃がんがでることも少ないのです。

肝障害

検診で「肝臓の数値の異常」を指摘されたことのある方は多いと思います。腹痛・発熱などの症状があれば急いで腹部超音波検査(エコー検査)を行い、胆のう炎や胆管炎などがないか見極める必要がありますが、無症状の場合はまずは肝炎ウイルスによる肝障害でないか、チェックすることが重要です。肝炎ウイルスに対する抗ウイルス療法の進歩は目覚ましく、特にC型肝炎は治癒できる感染症となってきています。アルコールの多飲がある方であれば、節酒、禁酒による改善が見られるかどうか、見させていただく必要があります。薬剤性肝炎の可能性もありますので、サプリメントや漢方薬を含む薬剤の摂取状況についてもお聞きします。メタボの要素がある方については、腹部エコーを行えば脂肪肝があるかどうかわかります。そのほかには自己免疫性肝炎や原発性胆汁性胆管炎などの比較的稀な原因による肝炎の可能性もあり、これらの疾患で上昇する血液検査の項目をチェックします(抗核抗体、抗ミトコンドリアM2抗体)。肝炎の状態が長く続くと、肝硬変に至り、遂には肝臓がんを発症することもあります。肝炎を抑える治療や、肝炎の原因を取り除く治療を行います。なお、検診でのビリルビンのみの高値は、体質性黄疸といって、絶食などに伴う一時的なものであることが多く、あまり心配いらないことがほとんどです。

膵臓がん

有名な方がこの病気で亡くなられたと耳にした方も多いでしょう(元監督、元横綱、元CEOの方など)。膵臓がんが難しい病気であるのにはいくつかの理由があります。まず、早期発見が難しいことです。胃がん、大腸がんは内視鏡を行えば直接見ることができますが、膵臓がんを見ることは簡単ではありません。腹部エコー検査で見つかることもありますが、胃の空気や腹部の脂肪に遮られ、観察がしにくい部位です。CT検査でもはっきり分からないこともあります。次に、膵臓がんには胃がんにおけるピロリ菌や肝がんにおける肝炎ウイルスのような際立った危険因子がないことも挙げられます。膵炎や糖尿病は膵がんのリスクになりますが、それらのない方でも膵がんになってしまうことが比較的多いのです。膵がんの遺伝子変異はKrasとp53というようにかなり明瞭に判明していますが、それらの遺伝子異常を標的とする強力な抗がん剤治療の開発も未だ途上にあります。消化器内科医として、今後の膵がんの予後改善のために早期発見の方法を見つけるための研究、危険性の高い方を絞り込む疫学的研究、がんの効果的な標的治療を行うための分子生物学的研究などがとても重要です。体重の変化も重要な情報です。特に理由なく急な体重減少を起こしている方、早めにご相談ください。

大腸がん

大腸がんによる死を遠ざけるにはいくつかの方法が知られていますが、最も有用な方法は「大腸カメラを受ける」ことだと思います。ただ受けるだけではなく、ポリープを取ることが重要です。胃の胃底腺ポリープとは異なり、大腸ポリープは大腸がんの芽となるタイプがあると考えられています(大腸腺腫)。小さい芽のうちに切除すれば、体の負担もすくなくて済みます。大きな大腸がんとなれば治療は外科手術ですが、最も小さいものは日帰り内視鏡手術で済みます。小さいポリープを見つけるために、当院では次のような工夫を心がけています。まず、患者さんの苦痛が強いと、医師もどうしても早く検査を終わらせてしまいたいという気持ちになります。苦痛を生じにくい挿入方法を用い、麻酔(鎮静剤)も使用します。観察の際には色素を散布しポリープがあればその凹凸が目立つようにし、カメラをゆっくりゆっくり動かし見逃しのないように観察を行います。ポリープについては、その場で切除し、病理検査に提出します。特に便潜血検査陽性の方は当院を受診し、つらくない大腸カメラについて、ご相談ください。

クリニック概要Outline

さきたに内科・内視鏡クリニック
院長名
崎谷 康佑
診療科目
内科・消化器内科・胃カメラ・大腸カメラ
住所
習志野市谷津7-7-1 Loharu津田沼4階
アクセス
JR総武線「津田沼」駅 南口より徒歩2分
電話
047-470-5155
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
休診:水曜・日曜・祝日
土曜:9時~13時